スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな物作りです。

随分長い間Blogをご無沙汰していました。
再び日々の暮らしを楽しみゆっくり時間を綴っていきたいと思います。
8年程前、厚:2.5cm長さ:4m弱の杉板で作ったなんちゃってデッキが朽ちてしまった。
又同じ材料で自作。

デッキ1

ついでに朽ちた材の使える部分で食品庫を作ってしまいました。

デッキ2

北側の風通しのいい場所に置いたせいか年末のみかん水分は少し抜けているがまだ健在、野菜も長持ちします。

デッキ3

夢中で作っている時は至福の時で他に何もいりません状態です。
スポンサーサイト

イベント(イタリア留学フェアー)の為に作った物。

昨年の11月中旬にイタリア文化会館でイタリア留学フェアーが開催されました。
そのフェアーに私のイタリアキッチン道具や雑貨を扱うnetshop 【La Bottega
も協賛出店しました。
いつもは荷造りをし乍らお客様を想像しますが、当日は直接お客様と対面し
イタリア好きを共通項にお話が弾み大変楽しく有意義な2日間でした。

その準備の為に作ったものがあります。
元々物作りは大好きで、その作品達はこのBlogのカテゴリーにもあります。

まずは看板作り・・ワインのコルクでフレームを作り大好きなLogoを張り
小石で作ったイタリア国旗のピンでとめました。

フェアー用看板

LaBottega Logoのデコバージュ石鹸とポストカード。
カード作成も得意でない写真編集を疾駆八苦して出来上がり。

フェアー用4

デコバージュ石鹸にイタリア色のリボンを結んで出来上がり。

フェアー用石鹸1

最後の大物作りはLaBottega Logo入りのエプロン。
イタリアで買って何時も使っている黒のエプロンの形が好きでそれを
元に型紙作り、縫製、アイロンがけ。
Logoは 描く、貼付けいろいろ試したがどれも美しくいかない。
ここはプロにと以前Shopのエコバックを作って頂いた職人さんにお願いして。
いい物が出来ました。
スタッフ用と当日手伝いに来た7歳と5歳の孫用に。

フェアー用エプロン

当日は沢山のお客様とお会いしお話が弾み又沢山お買い上げ頂きました。
更にお隣のブース、イタリアで修行なさったフォッカチャ専門店(神楽坂で営業)
さんからお話を頂きお店にLaBottegaの商品を置いて頂く運びにもなりました。

物作りに没頭する時間は私にとっては何より幸せな時。
Hobby or business?? 行ったり来たりし乍ら楽しんでいます。

イタリアのキッチン道具の店 【La Bottega
 機能的で且つデザインの美しい、いつまでも使える商品を厳選して
ご紹介しております。


夏休みの作品集 ( 帆布でポッシェット編)

孫達と過した夏休みにいろんな物を作りました。
何を作りたいかは皆の合意で決まり、今日は帆布でポッシェット作り。
いつも使うポッシェットに自分らしさを表したいと一番小さい
3歳児でもデザイン、彩色全て自分の思いのままに作りました。
まずは厚手の布地を買ってきて裁断、縫製は私の仕事。

左から3歳児、7歳、13歳、15歳 それぞれの思いを感じたまま
自由に表しています。

バック 4

これはイタリアの孫が私の希望を聞いて描いたもので翻訳すると
「私の欲しい物 イタリアの古い車」

エコバック 車

下の左は私の物でスペインの友人がいつも私を小さいモーターバイクの
ようだと、それをイタリアの孫が絵描いてくれました。
右は子供達を第2のおばあちゃんの様に可愛がってくれる私の妹のテイスト
秋に何時も彼らの好きな干し柿を作っている様子が描かれています。

keikoatuko.jpg

そうそう今年も庭の檸檬がたくさん実をつけました。未だ青いのですが。

バック3

Always I having a good time with grandchildren to make a something.
Especially this time was so much fun.
This is my treasure. ・・time , bags.

また物作り。

10月にこんな夏日がとノースリーブを着たり、又朝夕は肌寒くと
落ち着かない日々ですが、季節は冬へと移っています。

衣類の入れ替えをしていると何だか、他も整理をしたくなり
年に1回の事ですがキッチンのシンクの下や洗面所の下等
何時か使うかなと思ったものを思い切って整理をしています。

一通り済むともうひとつ以前から気になっていた場所の物作りです。

場所はキッチンのシンクに向かって左手奥、砂糖や塩、小麦粉等を
好きな瓶に入れて並べていますが一番奥に手が届かなく少し不便でした。

キッチン棚 ビフォアー

木工玩具作家のMr yuujiさんから頂いた、無垢のフローリング材を
使って棚作りです。

フローリング板

まづ2枚の板側面の凹凸を接着剤で合わせてしばらく固定し、
出来上がり45cm×45cm×13cm様にカットします。
無垢のフローリング材は大変硬く、ここは友人Charleyさんの
手助けで奇麗にカット出来ました。

キッチン棚 作り方

ペンキを塗って、間に中板を入れて出来上がり。
上段に好きな瓶をおき、下段にオリーブオイルやアチェット等
入れて奇麗に片付きました。
更に手前のスペースが広くなり使い勝手がよくなりました。
何度も図面を書き、縦横巾のサイズを含めてここにしっくり馴染む
物を作るのは、その思い立ちから出来上がり迄の時間がまことに楽しい。

キッチン棚 アフター

2013年も余すところ2ヶ月半、あっという間の1年でした。
あまりものをもたない方ですが、少ないものですっきり暮らしたいと
年々思います。




犬の階段作り。

 昔、藤沢市鵠沼は大きなお家が多くありましたが、昨今では
だんだん細分化され1軒のお宅があっという間に3軒4軒に分割
広いところだと7.8軒も珍しくありません。
我が家も細分化されたものです。

そんな現状なのに残り少ない広々お宅を見かけました。
垣根もなく大きな樹が伸びやかに育ち奥の方にお家がありいい感じのお宅です。
ある朝、畑の帰りにいつもの様に自転車を止めてどんな方がお住まいなのかと
見ていたら背後から声をかけられました。

犬の散歩から帰ったこの家の主さんで”よかったらお茶をいかが?”って。
同年齢で、たまたま2人とも行った事のあるドロミーティ山脈の麓の街
コルティーナ・ダンペッツォでの登山の思い出で話が弾みました。
この数年前の不思議なご縁で今も親しく行き来をしております。

三宅さん宅 庭1

その時につれていた愛犬に腫瘍が見つかり、手術も叶わなく看取りの
日々を過ごしています。
病気が原因で四肢が麻痺、日によっては少し歩行できるので少しでも
運動機能保持の為にデッキからゆっくり自力で庭に下りれるようにと
階段作りを頼まれました。
大工仕事の大好きな私は、道具一式を抱えて延べ2日あまりで完成です。

IMG_0980_convert_20131001170845.jpg

作り終えて自宅に帰ったら、すぐ電話がありました。
用心深くて少しでも安定しない物には乗らないわんちゃんが、ゆっくり
下りて庭を一回りし登ったと。

三宅さん 犬1

買い物は20mm×3680mmの杉板1枚のみ、後は家にあった材木だけで
大好きな庭にでて生きている実感を味わって貰えたと思うと私の方が
少し胸が熱くなりました。

三宅さん 犬2

私もこの庭でいつも癒されています。
最近倉庫からハンモックが出てきたそうで、寒くならないうちに
お昼寝を楽しみにしてましょう。

三宅さん宅 庭2

物作りが好きで、大工道具は小さい小屋なら十分出来るくらいの物は
揃えています。
最近も又Amazonで新たな工具【DremelTool】を入手しました。
好きな事でお役に立ってこんな嬉しい事はありません。
プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。