スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ボローニャへの小旅行 (1)

今回のイタリア行きで是非訪ねたかったボローニャへ孫との3人旅です。
最近「井上ひさし著ボローニャ紀行」を読んでこの街に大変興味を持ち
私の希望での旅です。

フィレンツエ駅を出て30分でボローニャ駅到着イタリア版新幹線で
あっという間に着きますが、発車が15分遅れても情報提供は一切なし
客も当たり前という感じで日本ではなかなか考えにくい。
国が違えばというところでしょう。

駅を出て少し歩くとマッジョーレ広場に続く目抜き通りに出ます
(Via dell’Indipendenza )ここはショッピング通りです。

ここからはじまる柱廊がまことに美しい、総延長は42kもあるそうです。
その昔ボローニャはイタリア二大街道の交差点であり物資の集散が盛んで
商業で栄え、商取引上の法律が必要となり法律学を目指す欧州各地から教授、
学生が急増し、その住居確保の為ポルティコ(柱廊)で2階から上を張り出して
住いにしたそうです。
必要に迫られたとはいえ後世に残る広場と道を繋ぐ柱廊の美しさに
遥か遠くを見つめたこの街の有り様を感じる事が出来ます。
後に欧州最古の大学(創立1088年)ボローニャ大学が誕生します。

ポルティコ

駅からゆっくり歩いても20分足らずで街の中心マッジーョレ広場に着きます。
行きたかった一つにGiannino Stoppaniという絵本書店、広場に面して
お城のような建物でした。

絵本屋1

子供向けの本の豊富さにびっくりし乍ら長い時間楽しみました。

絵本や2

その書店で面白い本を見つけました。
タイトルは「宿題をしなかった言い訳集」少し読んでもらいましたが
笑えました。
更に本の値段を見た孫の1人が「高っ 私が書ける」と言ったのも。

宿題をしなかった言い訳集

ほんの少し歩いて、ここも行きたかった創業200余年の歴史を感じさせる書店
Libreria A. Nanni(イタリアで一番古いと聞きましたが)目を見張るような
本本本です。
底抜けに明るい店員さんにこの書店の話しを伺いました。

nannni.jpg

医学の発展の為、多くの反対があったにも拘らず1637年に
ボローニャ大学に大解剖室ができ実施された歴史を持つ街の
理念と気概をその書店にも感じます。

200年の書店

終日雨でしたが、この柱廊が雨風を凌いでくれたお陰で
快適な街歩きが出来ました。
インフォメーション、ホテル、レストランテ様々なところで
人々が優しく、勿論夕食にボロネーゼを頂きましたがここでも
味と共に豊かな気持ちになれ、旅の1日目が終わりました。
スポンサーサイト

Hawaiiでの日々 Part2 BBQ &Farmers Market.

ハワイに来てもう3週間、ゆっくり過ごせるのは旅人の特権で
日の出に目覚め、日の入りにベッドに入るという至福のNatural Lifeです。

今夜は30数年前ここで過ごした時に 、私の子供達と時を同じく育った
子供のご両親からBBQのお誘いです。
ここのお宅はアラモアナから山に向かって、Punapou Schoolを通り越し、
静かで涼しいManoa 地区、昔子供達が通った小学校のグラウンド続きにあります。

幸せな事に30数年間、殆ど空白時間がない程、私達は交流があり、
何時会あっても、子供達が幼かった日々を昨日のように共有できます。

BBQでは、そこのお家にニューヨークから来られているお客様も一緒です。
そのMain Guestにもうすぐ100歳のおばあちゃまがいらっしゃいました。
ハワイに住む、ひ孫の誕生を祝いにいらした由。
そのお元気さと肌の色つやのよい事、更にびっくりは若い人たちとカードを
互角に戦い、サポート付きですが、我が家の5歳の孫との95歳の年齢差を全く
感じさせず、エンジョイしていました。
彼女は誰にでも朗らかに声をかけ、その楽しげな様子を見ながら、
彼女のよき人生を思い、そこにいらっしゃるだけで、尊敬に値する
そんな思いがしました。

2012.07.19 BBQ1

笑って、食べて、おしゃべりをして、そのあとはパパになった、お兄ちゃんと
初めてあった時は我が家の三男と、一緒にはいはいしていた弟とのデュエット。
透きとおる声で歌う、ハワイアンソングを聞きながら、来し方を思い
昔住んでいたこのManoaの地で、少し吹き始めた夜風に幸せを感じます。

2012.07.19 BBQ2

土曜日の朝はアラモアナで開かれる、Farmers Marketで朝ご飯.
近郷の農家やBig Island等からの新鮮な野菜や加工品が売られています。

2012.07.16 ファーマースマーケット トマト

中央で簡単な朝ご飯が食べられます。
そこにはハワイアンミュージックが演奏され、飛び入りでの
フラダンスも楽しめました。

2012.07.16 ファーマースマーケット フラ

ハワイ特有の珍しい果実の食べ方等聞いたり、試食をしたり、
ここはいつも楽しめます。

2012.07.16 ファーマースマーケット 果実

昔 食べた「リリコイ ジャム」(リリコイはハワイ語・英語Passion fruit)が
欲しくて探していたのが、ここにありました。
懐かしい味です。



Hawaiiでの日々 Part1 13歳の誕生日。

ハワイに来てもう10日あまり経ちました。
子供達が多いせいか、あっという間に1日が過ぎて行きます。

先週末は孫の誕生日、アラモアナの海辺、マジックアイランドで
バーベキューパーティです。

休日とあって、大勢の人があちらこちらでピクニックを楽しんでいます。
隣でフラも始まりました。

古くからの私の友人や、娘の小さい時の友人家族、又サマースクールで
新しく出来たフレンド等20人近い大勢での誕生会になりました。

友達が用意してくれた用具一式を組み立てて火をおこし、ビーフ、チキン、
ハンバーグ、ソーセージ等を焼き始めます。

2012.07.10 siena誕生会1

ビーフもチキンも美味しく焼き上がりました。
美味しい食事を頂きながら、子供だけではなくママ達も話が弾みます。

2012.07.10 siena誕生会2

娘の友人のご主人Danが早速バレーボールコートを作り、コーチになります。
子供達は時折ビーチに行ったり、又コートに戻ったりで思いっきり
楽しんでいます。

2012.07.10 sienaの誕生日3

元コーチだったDanは5歳から13歳の年齢差に応じて上手に教え、
子供達を夢中にさせます。

2012.07.10 sienaの誕生日4

吹き渡る風をどうにか避けて、ケーキに火をつけ、皆で歌いながら
ケーキを頂きました。
13歳の彼女にとって、最高の思い出深いバースデイだったでしょう。

そろそろ暮れ始めたアラモアナの空に、バルンを飛ばしてお開きです。
ありがとう、楽しかった、又明日ねの言葉が行き交います。

2012.07.10 sienaの誕生日5

そうそう一緒に参加して下さったサマースクールのお友達のママが
ここHawaiiのPunahou Schoolで5年間「バラク オバマ」と同級生だった
お話も伺えたり私にとっても、大変楽しい一日でした。
もう少し語学が出来ればいいのにといつも感じ、努力不足を恥じています。

おばあちゃんの世界一周。

3月19日に30数年前住んでいたハワイの友人の一人娘の結婚式に
出席する為2年半ぶりにハワイに来ました。
いつきても変わらぬ人の優しさと吹き渡る風に癒されます。
特に結婚式とあって、30年ぶりの再会やいつも会えない人にあったりできて
よい時間を持てました。

ちょうど今回一緒に来た長男や甥がヘリコプターに乗ったので
ダイヤモンドヘッドを上空から撮影・・・

ハワイ上空

今回の旅の第2のミッション ミッションkを果たすべくここハワイからは
一人旅です。
ニューヨーク迄10時間 そこで5時間待ち又約9時間超でドイツ 
フランクフルトに行きそこからイタリア フィレンツエにいきます。
ミッションKとはイタリア在住の2番目の孫娘の誕生日にいく事です。
彼女には内緒でサプライズ。
周囲には箝口令を敷いて秘密裏にミッション遂行です。
出る前はあまりの長旅にどうなるのかなと一抹の不安はありましたが
なかなか楽しい旅です。

Newark空港を離陸すると眼下にマンハッタン島が素晴らしくきれいに見えました。
かって歩いて楽しんだセントラルパークが美しい。

マンハッタン上空

朝もやに包まれたフランクフルト空港上空の朝6時過ぎ。 
ここで又乗りかえセキュリティチェックを受けてイタリアへ。

フランクフルト上空

かなりの時間雄大なアルプス山脈を眼下に見ながらイタリアへ。

アルプス上空

美しく整備された田園風景を眼下に見ながらイタリアへ無事到着。

ボローニャ上空

第二のミッショッンを果たすべく、空港から直接孫娘の学校へ。
子供達の下校を待つ父兄にこの長旅をびっくりされたり、少し身体の
大きいお母さんの背に隠れて待つ事しばし。
あらわれた孫はあまりの驚きに大きな目に涙を一杯にして私に飛び込んで来ました。
もらい泣きをしたお母さんもいて、おばあちゃん冥利に尽きる時間でした。

フィレンツェ ウィステリア

ハワイに飛び立つ頃の日本は寒かったのですが、ここは春真っ盛り。
桜やレンギョウ・フジの花が咲き乱れています。
ミッションK成功。
もう一つのミッション 私のNetshop http://www.labottega.jp/の
新しい商品のリサーチをしながら1週間ですが、よい時間をと思っています。
帰りは フィレンツェからローマそしてパリ経由で日本に帰ります。

日本に無事に着けばおばあちゃんの世界1周?になりますね。
続きは後で。

エディンバラの丘の上で思った事

この頃は日によってTシャツで過ごせたり、カーディガンが欲しくなったりで
行きつ戻りつしながら晩秋に向かっています。
こんな時期に夏の旅の後半を書くのは何だかちょっとって感じですが、
一つだけいつも頭から離れないことがあります。

この夏 南スペイン 気温38度のコスタ デル ソルで1週間以上をすごし・・・

2011.11.5 コスタ デル ソル

飛行機で3時間強 雨のスコットランド 気温13度のエディンバラに着きました。
ちょうど世界的に有名な夏のフェステバルの開催中でしたが防寒具が欲しいようでした。
ここに住んでいる知人の話だといつもこのようなお天気だそうです。

2011.11.5  雨のエディンバラ

ホーリールードパーク エディンバラの南東に広がる丘で遠くからだと
なだらかにみえますが、いざ登ってみるとかなりの急勾配で小さい山登り
時折休憩を入れながらの歩きでした。
切りたった崖が壮観で、でもここには全くガード・柵がない為
写真を撮っている時等気を付けないとカメラはおろか自分も落ちかねない。

2011.11.5 エディンバラ 山

切りたった崖をロッククライマーが登ってきます。

2011.11.5 エディンバラ 崖

ここからは市街を眼下に見渡せ、その中心に要塞エディンバラ城の威容が望めます。

2011.11.5  エディンバラ城

私の頭から離れない事・・・・
この小高い切りたった崖を持つ台地 一歩間違えば身の危険は避けられないのに
どこにも柵ひとつ設けられていません。
案内してくれたここ在住の人から、過って一度子供に不幸な出来事があったと
聞きました。
それでも柵も立て札(危険)も全く見当たりません。

その地で感じた事が帰国後もずーと頭から離れません。

自己の管理で回避できる危険への責任は自己の中におくか、他に求めるか
(柵をしていない行政や他に求めるか)
日本での私達の日常に比すると考え方や対応に大きな違いを感じます。
この違いは何に由来するのでしょうか?人種?考え方?習慣? 

私の違いそのもののとらえ方が間違っているかもしれませんが。

どなたでも結構です、読まれた方ご自分のお考えを聞かせて下さい。
コメントで。

人間も動物の一種 安直な安全に囲まれて過ごすより、出来る限りものに頼らず
五感をフル稼働させて生きたいなと私は常々思っているのですが。



プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。