スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣内先生とふたたび   Incontrato con Jinnaisensei

寒い寒い毎日です。ここ湘南は毎日ぬけるようなアズーロ色の空ですが、 本当に寒い。
でも お隣さんの庭にロウバイが咲き、我が家にも黄色のマンサクがまんず咲き始めました。
もう春はそこまで来ているのでしょう。

1月2日NHKTV新春スペシャル番組「イタリア 七つの輝き」に出演されていた
法政大学教授 イタリア建築史・都市史がご専門の陣内先生を懐かしく拝見しました。

先生のことはこのBlogでも書きましたが、去年の9月トスカーナのオルチャで学生さんと
共に現地調査をしておられた時に日本食のお弁当を持ってお訪ねしました。
暑い最中の調査活動にもかかわらず、私の稚拙な質問に丁寧に答えて下さったのを
思い出します。

TV放映から数日後 先生と奥様にお目にかかる機会があり、夕食をご一緒しました。
約3ヶ月振りの再会です。 Incontrato con Jinnaisensei.

帰りにいただいた先生のご本

2011.1.31 陣内先生 本


その夜のお食事場所は麹町にある イタリア料理店 Elioです。
http://www.elio.co.jp/restaurant/
ここのオーナーElioは娘婿と旧知の仲で明るい人柄のせいか、店中皆友達のような雰囲気です。
時折ライトがパタッと落ち、向こうのテーブルでHappy Birthdayの歌声があがります。
食事中2度も3度もありましたが、その都度テーブルのあちこちからお祝いのメッセージが
飛び交います。

イタリアの隅から隅まで詳しい先生にオーナーElioも加わって、すかっり盛りあがり
美しく美味しい料理をいただきましたが写真を撮るのを忘れました。


     料理をいただくのと話に夢中でカメラの出番をすっかり忘れたので
     料理の写真はElioからいただいた本から拝借

     2011.1.31 陣内先生 Elio 本

よく似た料理がでてましたので・・・ 

2011.1.31 陣内先生 Elio 料理1

2011.1.31 陣内先生 Elio 料理 2

Dolceの後にリコッタチーズにジャムをのっけて これも美味でした。

楽しい美味しい時間でした。

スポンサーサイト

蘇った100年前のヴァイオリン

1月23日 昨日ですが、我が家で小さな幸せな集まりがありました。
昨年の5月と6月にこのBlogで書きました100年前のヴァイオリンが、
鳥取県倉吉市にお住まいの、若きヴァイオリン製作者 岡野 壮人(おかの たけひと)氏
の手によって見事に蘇り戻ってきました。

昨年 私が長男の住む鳥取県倉吉市を訪ねた折、偶然にお会いした 前述の
岡野さん ヴァイリニストの奥様共々、すがすがしいお二人で初めてお会いしたにも
関わらず、物を作る魅力ですっかりお話が弾んだ事がありました。

帰ってそのことを私のBlogに書きましたら、いつも読んで下さっている
友人から、戦中戦後の長い間 大切に持ち続けた100年をこえて傷みの激しかった
お義父様のヴァイオリンをできる事なら、陽のあたる治まるべきところはないものかと
相談がありました。

その後は不思議なご縁の連鎖で見事に蘇り、持ち主さん 心を尽くして修復して下さった
岡野さん、そのヴァイオリンで演奏して下さる奥様、私の友人達が我が家に集い
感慨深い、そしてうれしく楽しいひと時をすごしました。

修復前のヴァイオリン

ヴィオリン 1

VIOLIN ATELIER OKANO で当時のままに生まれ変わったヴィオリン
歳月を経た美しいヴァイオリンです。

2011.1.23 ヴァイオリン 再生


奥様が弾いて下さった曲
ヴァイオリンの透明感のある力強い音色を聴き乍ら、同時にこの不思議なご縁を
思い少し涙がでました。

2011.1.23  ヴァイオリン 奏者

奥様はたおやかなお人ですが、いつも小さなお子さんをおぶって練習されるそうです。
難曲は別ですがと言われ、穏やかな中にもヴァイオリンの音色と同じ芯の強さを
お持ちなのでしょう。
少しぐずっていたお子さんも、ママの演奏が始まるとすやすやと。

2011.1.23 ヴァイオリン ママと小鳥ちゃん

この日のメニューは
         アンティパスト 生ハム サラミ チーズ2種 パブリカ等野菜
         プリモ     スパゲティ アッラ カレッティエラ
         セコンド    牛肉の檸檬煮 豚肉の料理 ポテト添え
         サラダ     2種
         ドルチェ    チーズケーキ マチェドニア

2011.1.23 ヴァイオリン 皆さん

いつもイタリアで美味しい料理をいただきますので、その味を覚えた舌頼りに挑戦してますが
今日の出来はどうでしょうか?
美味しく召し上がっていただけると嬉しいのですが。

今日は皆さんも喜んでいただきましたが、何より私が一番幸せな日でした。


暮れの京都 その二

暮れの京都 二日目は寒いけれど青空の見えるよいお天気でした。

まずは北野天満宮の終い天神とあって、人出、交通渋滞を予想して
早めにホテルを出発です。
今日も9名の団体は1台自家用車 後はタクシーで向かいました。
昨日も感じましたが、タクシーの運転手さんのガイドの面白い事 皆さん
運転は勿論ですが、京都のガイド役のプロ意識をお持ちなのでしょう。

予想通り 北野天満宮の人出の多い事にびっくりです。
お参りを済ませて、両脇に続く骨董品屋や古着の店を見て歩くのが
楽しく写真を撮るのを忘れてしまいました。

特にスペインから来たホルヘ&エルバの買い物はすざましく、見たものは
全部欲しい勢いで、来日3日目ですが €から円への換算の飲み込みも早く
しっかりと、値段交渉をしているのを見ているだけで面白い。

お買い上げは 火鉢・羽子板・昔の前掛け・酒器・古い着物・下駄等々々・・・ 
買った物を見ると日本の古い物に対して、一貫した美意識があるのだな~と妙に
感心しました。

ただ 火鉢の持ち帰りを心配しましたが。

金閣寺から竜安寺を回り 竜安寺の裏庭のつくばいの文字 我唯足知の
心境に私はいまだいたらず、少々恥ずかしい。

その後訪ねた、錦市場の人混みに正月真近を感じ、他では見られない品数の
多さに時を忘れて歩き楽しみました。

2011.1.18  錦市場

市場の中のきれいなお箸屋さんでこんなお箸を買いました。
孫達のお正月用に。

2011.1.18  錦市場で お箸

暮れの祇園は何やら忙しい 仕出し用でしょうか 煮物用の茹でた野菜が
水に浸されていました。

2011.1.18  祇園 煮しめ

暮れの風物詩  京都南座のまねき

2011.1.18  京都南座 まねき

夜は京都在住の方からのお招きで150年前の町屋割烹で京懐石のお夕食を
いただきました。
外人3人がお座布団に座れず低い椅子に腰掛け、お膳を高いところから見下ろす
光景も面白く 夜遅くまでお話が盛り上がりました。

日本を京都をまるごと楽しむ、来日中のホルヘとエルバ。

2011.1.18  ホルフェ & エルバ

いい旅でした。







 





暮れの京都 その一

暮れの24日から26日迄冬の京都を旅しました。
イタリアの娘家族と北スペインから来日したホルフェ&エルバ夫妻と一緒で
7名、現地で娘の友人夫妻が合流し総勢9名での旅です。
長袖のTシャツで過ごせた湘南と打って変わって、京都は日が陰ると底冷えの
する寒さです。

早速ホテルにチェックインし、タクシー2台に分乗して、清水寺に参拝です。
寒さは厳しいものの抜けるような青空に清水寺の三重塔がまばゆいように映えています。

2011.1.13 清水寺 三重塔

清水寺はいつ訪れてもすごいものを作りはりましたな~と素朴に感動します。
下から眺めるとより一層です。
ところどころに残る真っ赤な楓も冬景色に色を添えて美しく
スペインの友人も初めて目にする建造物や景色に大感激のようです。

2011.1.13 清水寺下

2011.1.13 京都 もみじ


境内の小さなお地蔵さん? 道祖神? 赤い前掛けが可愛い事。

2011.1.13 清水寺下 おじぞうさん

清水さんから産寧坂 二年坂を抜けて 夕闇に映える八坂の塔を眺めながらの
そぞろ歩きも京都らしく、立ち寄ったお茶処でいただいたみたらし団子も小ぶりで
よいお味でした。
 
2011.1.13 京都 みたらし団子

翌日は北野天満宮の終い天神 金閣寺 竜安寺 等を巡ります。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
12月中はすっかりBlogのUpをご無沙汰してしまいました。

例年 年末年始は家族一同が、我が家に帰省します。
直系家族は子供達4人を含めて総勢13人、限りある我が家の部屋数にその人数が
快適に過ごすにはそうとうな下準備が必要です。

加えて今年はスペインから友人夫妻(これはBlogにも書きましたが、私が昨夏に
10日程楽しく過ごさせてもらった家のご夫妻です)が我が家にスティし
年末年始を一緒にすごします。

彼等にとっては初めての日本ですから、出来るだけ自然な形で楽しんで頂きたいと
思ってする準備に夢中で、一日が一ヶ月があっという間に過ぎました。

12月とお正月の事は又ゆっくり書きたいと思います。

年末にうれしいいただき物をしました。
娘の大学時代の同級生のお母様が作ってくださいました。

懐かしい、はんなりした美しい縮緬の着物を着たうさぎさんです。
眺めているだけで笑みがこぼれます。
名付けて はんなりうさぎさん。

初 うさぎ

つつがない一年を願いながら、今年もゆっくり イタリアから又湘南から日々の暮らしを
綴っていきたいと思います。
どうぞよろしく お付き合いくださいますように。








プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。