スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三賢人ならぬ三老人の知恵

少し前 別府の妹の家でのことです。
夜になって、明日の朝食のパンがない事に気がつきました。
最近 彼女はホームベーカリーを買ったので早速作る事にしました。
材料をぜーんぶそろえて、はたまた気がつきました。
小麦粉250gを計るスケールがないことを。

そこで三老人の知恵合算。
まず 探してきたのは、妹の趣味の竹細工の材料 竹の棒それに
中心部とそこから左右等間隔に印をつけます。
小麦粉250gに相当するおもりはないかと・・・

2011.5.30  はかりの道具

ありましたあ~ あずきの缶 内容量230g 缶を入れると250g位 まあいいかと。

2011.5.30  はかりの錘

中心がぶれないように、直に手ではなく少し大きめなハサミでしっかりと支えて。
この辺で爆笑のピークをむかえます。
笑いで手が震えていましたが、概ね左右同量 これでよし。

2011.5.30 秤でバランス2

パンの出来上がり。私の好きなクラウンベリー入りの少し甘い食パンです。

2011.5.30  パンの出来上がり1

久しぶりに無から有(ちょっと大げさ) 工夫をつかさどるのは右脳でしょうか
左脳でしょうか。
どちらかをちょこっとゆすったくらいですが、それに大笑いをプラスした時間は
ほんとに楽しく且つ知的?なひとときでした。
スポンサーサイト

おろしばた

おろしばたとは九州 博多と唐津の間の海辺で、悠々とおもしろき暮らしをしておられる
知人から教えていただいた、佐賀県有田地方の郷土料理 雪のつゆを作る大根おろし器です。
洋の東西を問わず、味わいのある料理道具の好きな私は欲しくてすぐ注文しましたが、
作り手さんの身体のお具合が悪く、その回復を待ってという事で注文を受けていただきました。

そのおろしばたが先週末 ようやく届きました。
思ったより大きいもので、巾13cm長さは柄を含めて38cmもあります。
竹に目たてをしたおろし器で100年使っても、竹の目はあまりすり減る事はないと
ききます。

2011.5.20  おろしばた

有田の郷土料理雪のつゆはいただいたことはありませんが
味噌汁におろし大根と餅を入れた素朴な料理だそうで、その大根がぼたん雪のように
おつゆに浮かんでいるので、その名がついたそうです。

おろしばたでおろした大根は水分が出ないので、ぼたん雪のようになるそうです。

早速作ってみました。
よく出しを取った熱々のお味噌汁におろした大根をそっと入れて頂きました。
その美味しい事又おろした手ごたえの素朴な中にしっかりとした力強さは
永い時を経た物の用のうつくしさと強さをたしかに感じます。

2011.5.20  おろしばた 雪のつゆ

有田の陶山神社境内では毎年大晦日の夜 有田椀灯という磁器や紙でできた、
お椀にロウソクを入れた灯明1500個が飾られ、その折郷土料理 雪のつゆが
振る舞われると聞きました。
機会をあればぜひ訪れて、その地の雪のつゆをいただきたいものです。

いちごの季節

いちごが真っ赤に色づき始めました。
朝 6時に畑に行き、鳥や虫に気取られぬよう先駆けて摘み取ります。
彼ら?の為に少し残しておきましょう。

化学肥料は全く使わず米ぬかだけで育てた、いちごは少々小ぶりですが
甘くて美味しい。

2011.5.14  いちご2

今朝の収穫はこの通り。
大きいのは朝食にいただいて残りはジャムもどきの砂糖煮にしました。

2011.5.14  いちご

一汗かいた後の朝ごはんは美味しい。 いただきま~す。
今朝は 
   ホームベーカリーで焼いたクラウンベリー入りの食パン  1枚
   ベーコンとほうれんそうのソティー
   バナナといちご
   ヨーグルトとレモンティー
   
   いただきすぎでしょうか?
  
2011.5.14  朝ごはん

もうひと仕事をして、朝作ったいちごの砂糖煮をヨーグルトにかけて
いただきながら休憩。
爽やかな季節と何気ない日常にあらためて感謝です。

2011.5.14  いちごの砂糖煮

ゴールデンウィークは東京下町散策

4月末 別府の妹宅から帰って間もなく、5月初めに今度は妹が上京して
きました。

今だ現役中の彼女は例年ゴールデンウィークは我が家に出かけてきます。
今年はスカイツリーを中心に東京下町界隈の散策です。

蔵前で浅草線に乗り換え、スカイツリーの足元押上迄行く予定です。

その乗り換えの蔵前には昔ながらの店が沢山あります。
その一軒の古本屋さん 本の品揃えと店の構えと店内は一見に値する店です。
ここで古本 数冊購入、その後玩具の卸し問屋が数軒置きに並んでいるので
おもちゃを少し買いましたが、おかみさんとの会話も下町らしくすこぶる歯切れがいい。
私達もにわか江戸っ子になったようで楽しい。


2011.5.9  下町 古本屋

 
スカイツリーの足元 押上では休日とあって大層な人出です。
2012年春開業予定の634mの塔は間近にみると圧巻です。
人の力ってすごいな~とただただ感じました。
ただ マスコットキャラクターの名前がおしなりくん(押上+業平)というのが
個人的にはもう少しいい名前はなかったのかなと思いましたが。

2011.5.9 下町 スカイタワー

スカイツリー足元の通りのパン屋さんで、酵母菌のパン詰め合わせ、634円で購入。
塔の高さ634mは武蔵の国(現東京・埼玉・神奈川の一部)に由来すると聞きました。

2011.5.9  下町 スカイタワー 2

吾妻橋3丁目に面白い店を見つけました。
吉田三郎商店 代々続く真鍮加工の店です。真鍮加工の素晴らしい製品の他に
現店主さんの思いなのでしょう 面白グッツ満載のお店です。

時を経た瓶・缶・玩具等 特にビンテージ物のランチボックス等このての物が
大好きな私はもう一度訪れたい店です。
ご主人はいろんな雑誌に紹介されている味のある方で、ここでも話が弾みました。

2011.5.9 下町 面白い店

殆ど 始めて散策したこの界隈ですが、向島・本所吾妻橋と聞けば私の好きな
鬼平犯科帳や作者の池波正太郎又山本一力の世界に浸れます。

買って帰ったお団子の美味しかった事 勝海舟さんや幕末に活躍したいろんな方々も
お口にしたのではと遠い昔を思いながらいただきました。
プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。