FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き栗

我が家の出入りの多かったお正月も終わり、ちょっと一息。
冷蔵庫の野菜庫を整理していたら、栗が出てきました。
どうしたものかと少し考えて、秋のイタリアの風物詩 街角で売り始める焼栗を
思い出して焼き栗を作りました。

栗のおなかに横一文字に切れ目を入れ、

2012.01.23 焼き栗 1

イタリアで買った焼き栗用の穴のあいたフライパンで気長にゆっくり炒ります。

2012.01.23  焼き栗2

少し時間の経った栗でしたが、美味しい 美味しい出来上がり。
少し寒くなりかけたイタリアで新聞紙に包まれた焼栗を買って手を温めながら
街歩きをした日々を思い出します。

2012.01.24  カプチーノ

ゆっくり淹れた美味しい自家製カプチーノで良い時間を持ちます。
スポンサーサイト

14代目の庭師さんと庭木の手入れ

早いもので1月も後1週間で終わります。
お正月気分もすっかり無くなりましたが、一極集中したお正月の後のこまごまとした
片付けを楽しかった様々な場面を思い出しながらぼちぼちとやっています。

一昨日 ながいお付き合いの植木屋 河原園さんが(彼は14代目)来てくれました。
私の小さな庭には好きで選んだ庭木があり、四季を通じて楽しませてくれます。

ただ、ここ3・4年手入れをしてないので、昨年の台風15号の時は木がしなり窓ガラスを
叩いて怖い思いをしました。

どの木も大将と話しあって植えた木ですから、木の健康と樹形 庭全体の景観等
十分にわかって下さり、どんどん切っていきます。

檸檬の木が丸裸になりました。

2012.01.23 庭の木

無農薬は勿論、無手入れでも健気に大きく育った黄色い檸檬を収穫。
ご近所に少しずつ おすそわけです。

2012.01.23  檸檬

檸檬の小さいのも捨てられず、暮れに子供が上手に描いた木切れの
絵と一緒に出窓にそっと。

2012.01.23 檸檬と絵

柚子の木も沢山切りました。
これも少しの間、目で楽しみ後は柚子湯や煮物のあしらいに。

2012.01.23 柚子

お昼ご飯の時はいつも話がはずみます。
でも小さい時から14代目さんについて習い、植木屋大好きの15代目の息子さんの将来を
少し案じていました。
これから先、代々つないできた職人の技と心意気が都会では活かせる機会が少ないと。
時代の流れとはいえさみしい事です。

でも好きこそもののと言います。頑張っていい仕事をされるでしょう。



平成24年 よい年でありますように。

年が明けて2週間以上経ちました。
新しい年が希望の見える明るい年でありますようにと祈ります。

私は今年も身の丈にあった アルモン デ ライフ (あるもので過ごす)で
楽しく且つ少し優雅に暮らせたら幸せだなと思っています。

Blogの更新が1ヶ月ぶりになりました。
我が家は家族が多く、いつでも出入りが多いのですが特に年末年始は
一極集中し、人いきれで暖房器具が不要になります。

この辺の状況は長男のお嫁さんのBlogにわかりやすく書かれていました。

http://tokidoki-naikai.cocolog-nifty.com/

人のつながりの大切さを大きな犠牲の上に改めて感じた昨年であり今年です。

新年に友人の案内でイタリアから帰国している孫達と鎌倉散策をしました。
鎌倉といっても我が家から近い鎌倉駅周辺ではなく、鎌倉湖です。

2012.01.17  鶴が岡八幡宮
                                新春の鶴が岡八幡様

JR大船駅で大船観音をお参りした後又駅に戻りバスで20分くらいの今泉不動で下車。

鎌倉湖(散在が池)散在が池自然公園の中にあり せせらぎの小径や馬の背の小径を
巡って1周しても2K弱ですが、多種類の樹木や山野草の宝庫で昔の石切り場が残っていたり
又湘南では珍しい紅葉が美しいとの事です。紅葉は終わっていましたが。

2012.01.10  鎌倉湖

バス停からすぐのところに称名寺というお寺がありました。
切り立った崖から湧水が小さな滝になって流れ、お不動さんやお地蔵さんが
静かにお座りになっている風情のあるお寺さんでした。

2012.01.10  称名寺の滝
                                     清らかな滝

2012.01.10 称名寺 不動
      こわいお顔ですがなぜか愛らしいお不動さん

2012.01.10  称名寺
                        くり抜いたお堂の中のお地蔵さん

この静寂で別世界のような中にたたずむ称名寺に奇妙な建造物がありました。
全く周囲の景観に配慮のないコンクリートの塀です。
何の為にあるのかなと話していたら、木立ちの中の塀の隅にお住職さんの
持って行き場のない心情が書かれていました。
本当によく理解できます。

2012.01.10  称名寺 住職の怒り

今年も湘南からイタリアから又私の子供達が幼い時を過ごしたハワイ(3月に行きます)
からも元気に La nonna keiko の日々を綴っていきます。
よろしくお付き合いくださいます様に。

プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。