スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型連休  ゴールデンウィーク

今日から大型連休 ゴールデンウィーク 子供達は全員旅にお出かけ。
このお出かけ好きは、我が家の遺伝子のようです。
私もお誘いはありましたが、4月の初旬にハワイーニューヨークーイタリアを
回って帰ったばかり。
更に二つの理由があり、その誘いを断って蟄居と決めました。

一つ目は昨年の秋 好きが高じて、イタリア製のキッチン道具やグッズを
 販売するネットショップ " La Bottega"を立ち上げました。
 関わって下さった方やコラボレートしているイタリア文化会館
  "ISTITUTO ITALIANO DI CULTURA -TOKYO"に対しても、
少しずつお客様のお顔が見え始めた今、頑張らないといけません。
 その運営とメンテナンスをします。

二つ目は私の留守中に、我が家の猫 キリが自分のしっぽを噛んで怪我をした事、
 これは飼い主の長期不在に対するストレスだと周囲が言います。
 本人が(キリ)が状況説明をしないので、ドアーに挟まれたのか、
 本当に噛んだのか分からず仕舞いですが。

という訳で、静かな週末は、妹お薦めの本も読みましょう。
早速、図書館で検索し、予約しておくとメールで貸出日の連絡が入ります。
こんなに便利な世の中になりました。
植松 三十里著 「黍の花 ゆれる」他2冊です。
1冊はあっという間に読み終えました。 

 2012.04.29  小説本

ネットショップ " La Bottega"の仕事では長時間パソコンに向かうので
時折目を休めに、畑にいきます。
少し膨らんだグリーンピースや絹さやを採り、大きく育ったサラダ菜も食べ頃。

2012.04.29  絹さや

2012.04.29 サラダ菜

日曜日の夕食、グリーンピースご飯・カンパチのあら煮・筍とごぼうと
絹さやの煮物・ほうれん草のおひたし。
生野菜と汁物が好きではないので、少し偏った献立ですね。

2012.04.29 29日の夕食

日頃 家族を含めて人の出入りが多く、私は支える側との思いが、この静かな
時間の中で、実は支えられている側なのだと遅まきながら思い至ります。
蟄居の練習の中で、学ぶ事、思い致す事多々です。

でも、今日は3人お泊まりのお客様です。
お夕食はカルボナーラにしましょう。
それと自前の野菜で美味しいサラダを。

スポンサーサイト

湘南の我が家

4月5日にイタリアから帰ってきました。
でもその後いつまでも寒い日が続き、春はまだかな~って思っていたら、
桜が咲いて散り、今 我が家の小さな庭も花盛りです。

草屋根小屋の屋根にも、私の大好きなシャスターデージーが
しっかり根付いてつぼみがたくさんつき、ぬけるような青空に向かって
伸びています。
小屋はいつ入っても木の香りが心地よく、気持ちが落ちつきます。

2012.04.18 春の小屋

デージーはたくさん種類がありますが、どうしてもこの花を屋根にと思いました。
あまり理由のはっきりしないこだわりですが、大好きです。

2012.04.18 シャスターデージー

小さな庭には60年前の古いアイアンの3色の椅子が春の陽射しの中で、
お客様を待っています。

2012.04.18 三色の椅子

南側の通路に植えた絹さやが可愛い花をつけ、もうところどころ実をつけています。

2012.04.18 絹さや

その側に小さなすみれの花が咲いていました。

2012.04.18 すみれ

そういえば、イタリアから日本へ帰る2日前子供達の希望で、庭に畳1畳位の
小さな菜園を作りました。
トスカーナ独特の固い土地を3人で掘り起こし、いろんな野菜を植えました。
トマト・パブリカ・人参・いちご・ネギ・孫の大好きなフィノッキオ・ハーブetc。
ママがバジルを少し頂戴と言っても、いつも気前のよい子供達なのに
ほんの2.3葉しかくれないといいます。
一生懸命、日々手入れをしているようで、時々私にうれしそうに報告があります。

2012.04.18 イタリアの畑

土や植物は心を解きほぐす妙薬です。子供達との会話も声も。

お花見 in Italy

日本に帰る2日前、子供達が通っている乗馬クラブの周囲に広がる丘陵に咲く
花々があまりにも美しくお花見をする事にしました。

急に思いついた事ですから、家に帰って急いでご飯を炊き、梅おむすびと野菜かごに
残っていたさつまいもとインゲンを天ぷらにしてマットを持って再び馬場付近で
お花見です。
異国でのお花見もいいものです。

2012.04.11 イタリアの桜

桜のようですが白っぽい花が可愛い。

2012.04.11 桜

少し遠くに見えるのは、養蜂をしている農家みたいです。
おじいさんがゆっくり働いているのが見えます。

2012.04.11 トスカーナの桜

帰る1日前、どうしても食べたいパスタがあって街へ出かけました。
観光の中心から少し外れた地元の人の街でLa Lunaというリストランテで
私はここのカレッティエーラが大好きです。
南イタリアでいうアラビアータですがここフィレンツェではニンニクと白ワインを
たっぷりきかせています。

2012.04.11 カレッティエーラ

リストランテ La Lunaのお昼時 地元っ子で一杯あちらでもこちらでも話が弾みます。

2012.04.11 La luna

そういえばこれは私が日本にかえる数日前、11歳の孫娘が作った Pasta all' Italiana
緑はジェノベーゼ、白はチーズ パルメジャーノ 赤は勿論 トマトソース
なかなか きれいで美味しい。

2012.04.11  pasta all Italiana

子供達がうれしい事を言ってくれました。
ばばたん(私の事ですが)が着いたその日は少し興奮して気持ちがさわさわ・・
次の日からいつもの普通の日になるねって。
そういえば近くのBarや広場やお店を見ながらあるいても、私にはいつもの日々です。

フィレンツェの春 Primavera di Firenze

イタリアに来て3日目、娘の家はトスカーナ州フェレンツェの南にある
Imprunetaという街です。
今日は土曜日学校が休みの日でも子供達は早起きです。私がイタリア滞在中は
いつも歩いて20分位の広場にたつ市Mercatoに行きます。

今朝は家を出てすぐに草原で草を食んでいるウサギを見つけました。
野うさぎかペットウサギかわかりませんが、ゆうゆうと人に怯えもせず
お食事中です。

2012.04.01 Impuruneta ウサギ

広場迄の道の左右におなじみのトスカーナ風景が見られます。

Imprunetaの町

メルカートに着きました。
街の中心にある広場でイタリアのどの街にもあり、教会を中心に郵便局・銀行
昔からの小売店があり広場は長い時を経た人々の大事な交流の場です。

夜明けとともにオープンする店店は毎週同じで、客も店もおなじみさん同士です。

2012.04.01 Impuruneta Mercat

まずはRosticceria ローストチキンやフライトポテトを売っています。
そこで子供達はフライドポテトを買って朝食代わり。
いつもお家ご飯が多いイタリアの子供達の楽しみです。

2012.04.01 メルカート チキン屋

色とりどりの小間物屋さん。1euro2euroの世界です。
私もタオル地のスリッパを買いました。8euroで履き心地はとてもいい。

2012.04.01 メルカート 小間物屋

イタリアにいる時は毎週ここにきますが、人での多い事多い事 買い物や
人との交流を楽しみにして広場はいつもにぎやかですが休日は更に賑やかです。

2012.04.01 メルカート  大勢

イタリア人は特に子供やお年寄りに優しいですね。
ここでは話す事が人とのつながりを築く一番基本のツールで、携帯電話等
あまり見かけません。

2012.04.01 メルカート 子供

特にこの時期 花やさんでは花や野菜の苗を買い求める人が大勢です。
11歳の孫も野菜の苗を買い、いつも行くなじみの花屋さんで鉢を貰ってきて
持ち帰ります。

2012.04.01 メルカート 花屋

帰り道に寄ったいつものパン屋さん、もうすぐイースターとあって
お菓子やチョコが並んでいます。大工道具のチョコもあります。
子供達は小さなお菓子をこれ一つこれ一つと家族分5個、ささやかな買い物を
いつものように優しく包んでくれます。2euro70約300円です。

2012.04.01 メルカート チョコ

いつきてもこの広場に限らずですが、人と人があって物があるというこの関係は
いいものだなと私が年を取ったせいか、昔を懐かしみながらそう感じます。
適度に距離をおく人関係も過ぎると寂しいですからね。

歩いて、話して、食べて、小さな買い物を楽しみ、こんな時間に感謝です。




プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。