スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑厳しき、日々ですが。

残暑厳しい日々が続いています。
そんな夏の暑さも、去ってしまうといつも懐かしく思うので
できるだけ、1日を楽しく過ごしています。

私はこの春頃から、旅に出ていない限り(寅さんみたいですが)
毎朝6時半から近くの広場で始まるラジオ体操に参加しています。

5分程前に家を出て、広場に行き第一と第二ラジオ体操で心地よい
汗をかき、爽快です。
この時期、夏休みの子供達も一緒です。
毎朝ご一緒する友達のご主人、ゴリさんは今朝は赤いパンツにピンクの
Tシャツ、お得意の駄洒落も快調です。

2012.08.27 ラジオ体操

体操から帰って、少し家の回りの掃除、水やりをして朝ご飯です。
今朝は薄切りしたジャガイモをオリーブオイルでじっくり半蒸し焼き、
それとベーコンエッグ、ヨーグルト、バナナ半分、紅茶。
少し食べ過ぎだと思いますが、朝の涼しい風の中でしっかり朝ご飯。

2012.08.27 朝ご飯

午前中、近所の木工玩具作家 Yuuji Yshida さんが(端材で作っています)
がこんなお土産を持って寄ってくれました。
クーラーのない我が家ですから、暑くはあるものの四方から入る自然の風
頼りで、大好きなカプチーノを飲み乍ら、新しい作品の話で盛り上がります。

2012.08.27 キーホルダー

今日も暑い日です。
でももうすぐ9月、この暑さも少しずつ和らぐでしょう。
元気のよかった蝉達の声も少なくなったし、葡萄の葉も一葉一葉
落ち始めています。





スポンサーサイト

物作り フォトフレーム&フォークレスト

昨年の夏、スペインのコスタ デル ソル エステポーナで過ごしました。
そこには私の娘婿の母Linaと妹Carmenが住んでいます。
Lina93歳 Spanish lady マドリッドの社交界の華だったそうで、
今もその面影をいろんな振る舞いの中に見る事ができます。
言葉は4ヶ国語以上話せ、記憶力は抜群、よろず物忘れのひどくなった
私とは大違いですが、気の置けない間柄です。

そのLinaが、少し足が不自由になり海辺で、娘と暮らしています。
週に一回絵の先生が来られ、手ほどきを受けていますが
生命力あふれる力強い絵を描きます。

頂いた1枚に、Linaの事 真夏のエスティポーナの思い出を懐かしみ乍ら
フレーム作りを思い立ちました。

Linaの息子、つまり私の娘婿が飲み終えたワインのコルクの栓を沢山
くれました。
それを眺めているとそのコルクで縁取ったフレームのイメージが湧きました。

Linaの華やかさとのびやかさを、形通りの額装で封じこめないよう
絵を少し浮かし、思い通りに出来上がった額におさめて完成。
Linaの絵画、ワインを飲んだ息子、そして私の共同制作です。

作った私が一番気に入り、FacebookにUpするとそれを見たLinaが
大変喜んだとCarmenからコメントがありました。

自然の風が入るとはいえ、真夏の日中の仕事で大汗をかきましたが 
It's a happy day!!

2012.08.20 リナの絵2

いつも使うフォークレストもワインのコルク栓で作ります。
イタリア料理のサーブにはぴったりのもので、これもお気に入り。
飲み終えたコルク栓を2つにカットして、くっ付けただけのものですが。

2012.08.20 フオークレスト

Linaが描いた絵を写真に撮り、ハガキ大にしました。
いつもそれを見ながら彼女の事、又エステポーナで過ごした夏の日を
思い出しています。

2012.08.20 Linaの絵

湘南の日々

1ヶ月以上滞在したハワイから帰って、もう10日あまり経ちました。
留守中に溜まった用事や家事、小さな庭の手入れ等であっという間に
一日が終わります。

湿気を含んだ猛暑続きで、その上エアコンがない我が家では
少しからだを動かすと滝の様な汗が流れます。
幸い風通しのよい我が家、自然の風頼りという昔ながらの夏越しです。

家の片付けが一通り終わったら、菜園の手入れが待っています。
今朝は少し涼しいので、行ってきました。
案の定、草ぼうぼう収穫時期を過ぎたじゃがいもを掘り起こし、除草し
今度は少しゆっくりと土作りをして秋に備えましょう。

大汗をかいて、ほっと一息・・・  
畑の周囲にこんなに元気なひまわりが咲いていました。

2012.08.09  ひまわり

土作りの大切さはお仲間にいつも助言されますが、期限付きの
市民農園家の常で、収穫即植えるを繰り返します。
今度はじっくり土と向き合ってみましょう。

2012.08.09 畑

我が家の葡萄は今年も元気です。
以前にこのBlogで書きましたが、私は小さな庭に小さな遊び小屋を建てました。

葡萄の根はその小屋の下にあり、肥料はおろか水さえ満足にあげられません。
そのような環境の中でも、毎年私を楽しませてくれます。

数年前ワイン作りをした事があります。
醗酵が中途半端だったようで、3本の瓶のうち1本が夜中に大きな音をたてて、
栓が飛んだ思い出があります。
それ以来、この葡萄は私の良き話し相手になっています。
何よりも好きなのは葡萄の葉、図形としても完璧な美しさを感じます。

2012.08.09 今年の葡萄

この暑さはまだまだ続きますが、考えてみれば日本のよき春夏秋冬の
一季節 この夏を楽しむというのもいいのではと言い聞かせています。
プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。