FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最先端の街から大正の質屋の帳簿からみえる暮らし

長いタイトルになりました。
先週は次男の経理手伝いで、住まいのある勝どきに3日お泊り出張?
住まいは勝どき駅から歩いて数分の高層マンションですが、
この街は今も昔の佇まいを所々に残しつつ、早朝から大勢の人が
行き交うのを見ていると、この24時間眠らない街は大きな躍動感を
感じさせます。

更に7年後はオリンピック開催、その時の選手村がマンションの背後に
予定されているとか、築地や銀座も徒歩圏ですから更に発展するのでしょう。
でも何より子供の多い事に驚きますが、父兄のもんじゃ屋でいつも
パパやママの交流もありで、新旧混在した魅力的なところです。

4日目、漸くこのたびのミッション遂行完了、自宅に帰宅。
そこに知り合いの大分中津の骨董品屋さんから荷物が届いていました。
昔の重ね塗り弁当です。
私がイタリアで折々に日本料理を作って友人達を招く事があると
知っているので楽しめるかなと思って送って下さった様です。
その昔芝居見物やお花見等の使ったものでしょう。

箱ダンス

何より面白かったのは、そのお弁当箱が包まれていた紙、
どうやら質屋の帳面の様です。

質屋の帳簿1

大正二年から数年の日付、達筆で書かれているものに、
”女物長襦袢、友禅縮緬、女帯”・・四圜 
”男綿入れ羽織、四つ身”・・二圓五十銭 等々 
質受けしたのは早い人でひと月、長い人で三ヶ月後
又頻繁に通った人もありで、当時の人々の多くを求められない、求めない
暮らしぶりが返って生き生きとしていたようで暫く時を忘れました。

質屋の帳簿2

大正という短い期間に第一次世界大戦で戦勝国になり、一時的な好景気から
戦争が終結すると過剰な設備投資と在庫の滞留が原因となって反動不況が
発生し景気が悪化したそうですが、市井の人々はその時々を逞しく明るく
生き抜いたと思います。

4日の間に平成から大正へ思いがけず時空を超えて行き来が出来ました。
人も環境も大きく変わりましたが、その時々を実直に、逞しく、明るく
生きる人々に幸あれです。

スポンサーサイト

師走の仕事いろいろ

12月に入ってもう7日過ぎました。
昔と違って、師が走り出す程の喧騒感は私も周囲にも感じませんが
やはり何だか気が急きます。

そんな折り我が家の新築時に作った木製の倉庫が倒壊しました。
当然朽ちる運命の木製ですから仕方ありません。
私の愛すべき庭の”Casa al vento 風の家”を作ってくれた大工さんに
新しい倉庫をお願いしました。
好きな杉の木で好きな形にと・・・いつもの事だななんて言い乍ら
引き受けてくれました。手隙の時にねって。
贅沢な事、注文住宅ではなく注文倉庫です。

いつもの様にお昼ご飯を一緒に話が弾み、夕刻出来上がりました。
帰り際 ”棚は貴方の楽しみに作らずにいたよ” って仕事終了です。

倉庫1

さて翌日は棚作り、収納物の使用頻度や大きさを考えて作ります。
更に手の届くところにサイズ別の釘を入れた同じジャムの空瓶
20個程を並べる棚、これは美しくなくてはいけません。
思い描いた通りに出来ました・・こういう事にこだわるのは
私の癖で1人で苦戦し乍らも一番幸せな時間です。

倉庫2

もう一つ、びっくりと嬉しい事?がありました。
古い倉庫は朽ちたとはいえ厚み4.5cmの材木で出来ていて、
その残骸の処分を如何にと・・・
市に問い合わせると50cm以下に切断したら不燃物でOKと言います。
やるしかないかと、先の大工さんに貰った丸鋸で切断をしていたら
一瞬火花が出ました。
見ると長さ7.5cmの太い釘の頭から先迄真ん中を真っ二つに切断していました。
あまりの美しさ?と自分の力とその出来事にびっくりです。
翌日来た長男が額装したらと、そうだ残った杉材で素朴な額縁を作りましょう。

真っ二つの釘

今や家族同様の大工さんに昔貰った”愛器”丸鋸さんです。

電動カッター

思い通りの倉庫作りの楽しい時間が終わると次は年賀状作り。
ここ数年明けて書いていたのを今年は早めにしましょう。
いつもの形通りの賀状を少し変えて、新年のご挨拶とお陰でこの歳迄
元気でいますとお知らせを兼ねて、写真を選んで文を考えて作りました。
少し軽めですがこれもいいかなと。

年賀状2
プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。