スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お伊勢さんのお引っ越し。継ぐことの大切さ。

2週間前の事ですが、三男の結婚でご縁のできた三重県伊勢市、
伊勢神宮の20年毎の式年遷宮神事、今年はその最後の年で
「お白石持ち」の行事にお招き頂きました。

4年前の「川曵き」の行事も参加させて頂きよい思い出になっています。

朝8時前白一色の装束にこの町内の揃いの法被で身支度をし出発です。
神宮前の五十鈴川で身を清め二見神社から運ばれた「お白石」の
神輿を二本の綱で川の中を曵きます。
真夏でも冷たい川の中での行事は身も心も引き締まります。

伊勢 1 再

二本の綱の間で音頭をとる組に三男のお嫁さんもかって
小学5年の時に参加したそうです。
他の姉妹達も然りで今彼女のお兄さんもお父さんに代替わりをして
町内の役員を務めています。
日々の生活の中に根付いたお伊勢さんと共にありの昔からの
習わしはいいものだなと改めて感じます。

伊勢2再

途中の休憩を挟んで約2時間あまり曵きますが橋の上や
土手の見物客も一体になって熱気と共に盛り上がります。

伊勢 橋下再

新しくなった橋の手前で内宮へ入りここからは陸曵き(おかびき)
ですがここでも一段と勢いが増します。

伊勢 白石 再

内宮前の台に運ばれた「お白石」を清められた白い布に頂き
いつもは入る事の出来ない内宮内に一つづつ置いて祈ります。

白石

1200年を越えて連綿と続くこの行事に幸いにも参加させて頂いた
喜びをしっかり記憶にとどめたく、浅学非才な私は恥ずかしながら
神官さんにお尋ねしました。
何故20年なのかと、

1.一つには見ての通りお社は20年程で朽ちてきます。
  常若の思想をもつ神社は全てを新しく建て替える必要があります。
2. 技術の伝承、若い時に一度経験し20年後に後進を育てる。
 そう考えておりますとお答えが返ってきました。

 深い森の中で息づく新しいお社は簡素で且つ完璧な美しさをもち
 何か人々の心と身体に確かなものを感じさせます。




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/12 08:58)

伊勢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。