FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最先端の街から大正の質屋の帳簿からみえる暮らし

長いタイトルになりました。
先週は次男の経理手伝いで、住まいのある勝どきに3日お泊り出張?
住まいは勝どき駅から歩いて数分の高層マンションですが、
この街は今も昔の佇まいを所々に残しつつ、早朝から大勢の人が
行き交うのを見ていると、この24時間眠らない街は大きな躍動感を
感じさせます。

更に7年後はオリンピック開催、その時の選手村がマンションの背後に
予定されているとか、築地や銀座も徒歩圏ですから更に発展するのでしょう。
でも何より子供の多い事に驚きますが、父兄のもんじゃ屋でいつも
パパやママの交流もありで、新旧混在した魅力的なところです。

4日目、漸くこのたびのミッション遂行完了、自宅に帰宅。
そこに知り合いの大分中津の骨董品屋さんから荷物が届いていました。
昔の重ね塗り弁当です。
私がイタリアで折々に日本料理を作って友人達を招く事があると
知っているので楽しめるかなと思って送って下さった様です。
その昔芝居見物やお花見等の使ったものでしょう。

箱ダンス

何より面白かったのは、そのお弁当箱が包まれていた紙、
どうやら質屋の帳面の様です。

質屋の帳簿1

大正二年から数年の日付、達筆で書かれているものに、
”女物長襦袢、友禅縮緬、女帯”・・四圜 
”男綿入れ羽織、四つ身”・・二圓五十銭 等々 
質受けしたのは早い人でひと月、長い人で三ヶ月後
又頻繁に通った人もありで、当時の人々の多くを求められない、求めない
暮らしぶりが返って生き生きとしていたようで暫く時を忘れました。

質屋の帳簿2

大正という短い期間に第一次世界大戦で戦勝国になり、一時的な好景気から
戦争が終結すると過剰な設備投資と在庫の滞留が原因となって反動不況が
発生し景気が悪化したそうですが、市井の人々はその時々を逞しく明るく
生き抜いたと思います。

4日の間に平成から大正へ思いがけず時空を超えて行き来が出来ました。
人も環境も大きく変わりましたが、その時々を実直に、逞しく、明るく
生きる人々に幸あれです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。