ボローニャへの小旅行 (1)

今回のイタリア行きで是非訪ねたかったボローニャへ孫との3人旅です。
最近「井上ひさし著ボローニャ紀行」を読んでこの街に大変興味を持ち
私の希望での旅です。

フィレンツエ駅を出て30分でボローニャ駅到着イタリア版新幹線で
あっという間に着きますが、発車が15分遅れても情報提供は一切なし
客も当たり前という感じで日本ではなかなか考えにくい。
国が違えばというところでしょう。

駅を出て少し歩くとマッジョーレ広場に続く目抜き通りに出ます
(Via dell’Indipendenza )ここはショッピング通りです。

ここからはじまる柱廊がまことに美しい、総延長は42kもあるそうです。
その昔ボローニャはイタリア二大街道の交差点であり物資の集散が盛んで
商業で栄え、商取引上の法律が必要となり法律学を目指す欧州各地から教授、
学生が急増し、その住居確保の為ポルティコ(柱廊)で2階から上を張り出して
住いにしたそうです。
必要に迫られたとはいえ後世に残る広場と道を繋ぐ柱廊の美しさに
遥か遠くを見つめたこの街の有り様を感じる事が出来ます。
後に欧州最古の大学(創立1088年)ボローニャ大学が誕生します。

ポルティコ

駅からゆっくり歩いても20分足らずで街の中心マッジーョレ広場に着きます。
行きたかった一つにGiannino Stoppaniという絵本書店、広場に面して
お城のような建物でした。

絵本屋1

子供向けの本の豊富さにびっくりし乍ら長い時間楽しみました。

絵本や2

その書店で面白い本を見つけました。
タイトルは「宿題をしなかった言い訳集」少し読んでもらいましたが
笑えました。
更に本の値段を見た孫の1人が「高っ 私が書ける」と言ったのも。

宿題をしなかった言い訳集

ほんの少し歩いて、ここも行きたかった創業200余年の歴史を感じさせる書店
Libreria A. Nanni(イタリアで一番古いと聞きましたが)目を見張るような
本本本です。
底抜けに明るい店員さんにこの書店の話しを伺いました。

nannni.jpg

医学の発展の為、多くの反対があったにも拘らず1637年に
ボローニャ大学に大解剖室ができ実施された歴史を持つ街の
理念と気概をその書店にも感じます。

200年の書店

終日雨でしたが、この柱廊が雨風を凌いでくれたお陰で
快適な街歩きが出来ました。
インフォメーション、ホテル、レストランテ様々なところで
人々が優しく、勿論夕食にボロネーゼを頂きましたがここでも
味と共に豊かな気持ちになれ、旅の1日目が終わりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

la nonna keiko

Author:la nonna keiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード